• 飛燕妖血録

  • Story

    『これを、届けてくれないか』――

    恩師の依頼を受けて、女はその地に足を踏み入れた。

    絢爛なる魔都、悪徳の街の名は《老電梯》。

    宿命の地で、女は己が身に流れる血の因縁に巻き込まれてゆく。

  • Character

    文燕(名のみ変更可)

    Wenyan

    主人公。

    恩師の依頼により、《老電梯》まで謎の小箱を運ぶことになる。

     

    陸懐風

    Lu Huaifeng

    同じ船に乗り合わせ、絡まれていた主人公を見かねて助勢を買って出た、人なつこい青年。

    供回りなどをつけている様子はないのだが、その立ち居振る舞いの端々から育ちの良さが窺える。

    候厳俊

    Hou Yanjun

    陰気な顔をした武官。

    「黒繍司」と呼ばれる皇帝直属の特務機関に所属している。実力は折り紙付き。

    主人公の運ぶ荷を狙っているようなのだが……。

    藩延平

    Fan Yanping

    痩せぎす、異相の男。毒使いの荒事師。

    表よりの仕事よりも裏の仕事を好んで受けるが、その理由は不明。

    何者かからの依頼によって、主人公の運ぶ荷を狙う。

    史伽瑜

    Shi Jiayu

    《老電梯》を統べる現太守。

    物腰の柔らかい美青年ではあるが、大陸からの横槍をのらりくらりとかわし、

    《老電梯》の事実上の自治を維持するその政治手腕は老獪とすら言える。

    呉凌白

    Wu Lingbai

    史家に代々仕える一族の青年。

    現在は伽瑜の命を受けて動いているが、本来の主は別にいる。

    謝吉恩

    Gene Sears

    【黒妖精】雑じりの青年。

    大妓楼「月暈楼」に所属する、男娼あがりの妓夫頭――というのはあくまで表向きの顔。

    その裏の顔は、《老電梯》の黒社会を取りまとめる顔役の一人である。

  • Downroad

    製品版鋭意開発中。

    体験版

    懐風編/第一章までの体験版です。

    win版。